Eメール | ご意見 | フィードバック | サイトマップ
 
陶器生産村バウチュク

位置: 陶器生産村バウチュク(Bau Truc) はニントアン(Ninh Thuan) 省ニンフオック(Ninh Phuoc) 県フオックザン(Phuoc Dan) 町にあり、ファンラン(Phan Rang) 市のチャム塔から南へ10キロ離れたところにある。

特徴: 東南アジア地域で最も古い2つの陶器生産村の一つである。この陶器はチャム族の伝統的陶器の特徴を持っている。

バウチュク村には400世帯があり、その中の85%が今も陶器生産を続けている。伝説によると、陶器生産業の創始者はポクロンチャン(Poklong Chanh)という人物である。昔、ポクロンチャンはバウチュク村の女性たちに陶器生産を教えた。その創始者の恩を偲ぶため、バウチュクの村人はポクロンチャンを祀る神社を建てた他、毎年開かれるカテ祭りでポクロンチャンを供養する式典を行っている。

昔から、バウチュク村には陶器製品に利用できる粘土と砂に恵まれていた。この粘土はこの村に流れるクアオという川だけにあるものである。これらの粘土と砂を利用して、見事な陶器製品を作れると言われている。

他の陶器生産村で、陶芸家は轆轤で、土の形を整えるが、バウチュク村に住むチャム族の陶芸家は自分の手で、様々な種類の陶器製品を作っている。バウチュク陶器に飾り付けられる絵柄は河川、植物、貝の模様である。陶器製品が陶器窯で6時間にわたり、500 - 6000Cで焼成されてから、色が付けられ、また、2時間に焼成される。そのため、バウチュク陶器は黄色いと赤い、黒い・灰色、茶色など独特な色彩があり、チャンパ文化の美しさを示している。

バウチュク陶器生産村を訪れると、観光客はここでの陶器の独特な美しさを鑑賞できる。また、観光客は陶器生産に参加するた体験もできる。

検索
目的地
領域
県、市
種類