Eメール | ご意見 | フィードバック | サイトマップ
 
トンニャム 鳥公園 (ニンビン省)

位置: ニンビン(Ninh Binh) 省ホアル(Hoa Lu) 県ニンハイ( Ninh Hai) 村
特徴: これは千の種類の鳥の生息地である

(TITC) トンニャム(Thung Nham)(別名:Thung Chim)鳥公園はニンビン省の省都ニンビン市から西へおよそ12キロ離れた所にあり、チャンアン景勝地以内にある。この鳥公園は森林の緑で覆われている。夜明けになると、薄い霧の中に浮かんでいるこの鳥公園はまるで夢幻の世界に迷い込んだような不思議な雰囲気に包まれている。小船をこぐ人は観光客をトンニャムにおける面白い見所に連れて行く。

最初の止まり場は鳥公園で、ここには5万羽にのぼる46種類の鳥が生息し、その中にゴイサギ、コガモ、 シキチョウ、ホシムクドリがいる。また、ここにはインドトキコウ、 カワウ、 オオフラミンゴ、 鳳凰などベトナムのレッドブック(絶滅危惧種リスト)に記載されているものもいる。静かな空間の中に、各種類の鳥の鳴き声は自然の交響楽のように響き渡っている。午後5,6時になると鳥たちが巣に帰る光景を見かけることができる。

小船に乗り続くと、ブット洞窟、ティンカ洞窟、バーコ洞窟、トゥイクン洞窟、バイゾイ洞窟など石灰岩の中にある多くの洞窟に着ける。これらの洞窟を訪れると、観光客は様々な形をした天井からつらら状に垂れ下がる鍾乳石を存分に眺めることができる他、これらの洞窟の形成にちなんだ伝説を耳に傾けることができる。

小船から岸にあがる観光客は樹齢千年にのぼるサムット・コイ(ベトナム語で “ズオイ”( duoi) という木)を見学できる。この木は大理石の上に生え、その形がベトナムで唯一無二とされている。特に、トンニャムに行くならば、観光客はGoi Dai神社に植えている「移動するガジュマルの木」の見学を見逃さないでください。科学者によると、木の気根を地面に向けて垂らすことから、300年ごとに、このガジュマルの木の位置が変化することになる。その他、トンニャムには生態系が豊富な原生林があり、ここは109種類の植物、150種類の動物の生息地であり、その中には保存すべき多くの希少な動植物がある。また、ここにはナツメ、スターフルーツ、柿、バンレイシなど熱帯果実が植えられる果樹園もある。

また、トンニャムに行けば、観光客は木陰に建てられた高床式の家に泊まり、有機豚肉、鶏肉、魚、竹の子など地元の美味しい食材から調理される料理を味わうことができる。その他、ここは登山、キャンピング、魚釣り、週末の保養などの活動に最適する所とされている。

夏の終わり、または、秋の始まりはこのトンニャム地区における自然の手付かずの美しさを堪能するための理想的な時期である。ここから、観光客はビックドン寺、タムコック景勝地、ティンハ洞窟に安易に行くことができる。

検索
目的地
領域
県、市
種類